中国語 | 日本語

:03-5937-6929

中国分部官网入口

交通アクセス
貴方の現在の位置: トップページ 主页 > >提携学校 > >

東京福祉大学

東京福祉大学(とうきょうふくしだいがく、英語: Tokyo University of Social Welfare)は、群馬県伊勢崎市山王町2020-1に本部を置く日本の私立大学である。2000年に設置された。大学の略称は東京福祉・東福大(とうふくだい)。

概観

大学全体

東京福祉大学は、2000年4月に群馬県伊勢崎市に開学した、私立大学である。同大学は、通学課程・通信教育課程で運営されている。

現在は、法人本部を名古屋から、東京都池袋に移転させ、本部機能としての利便性及び機動性の向上を図った。2008年には池袋キャンパス・名古屋キャンパスを開設し、2014年4月には王子キャンパスを開設した。

東京都江戸川区西葛西にある東京福祉専門学校とは、一切関係がない。

建学の精神(校訓・理念・学是)

東京福祉大学では、「理論的・科学的能力と実践的能力を統合した、柔軟な思考力と問題発見・解決能力のある人材を育成する」を建学の精神として制定している。その建学の精神に基づき、社会に貢献する人材の育成と、各分野の学問の発展と地域社会への貢献を目指すとしている。

教育および研究

東京福祉大学では、その使命を「できなかった子(生徒)をできる子(学生)にするのが教育」としており、教育方針の大きな柱は、思考力と問題発見・解決能力を身につけたスペシャリスト育成を目的に「双方向対話型」と「グループ討議」を基本とする教育方法を授業に多く導入することである[4]。2000年4月の開学以来、こうした教育方針や建学の精神の実現に向け、

  1. 担当教員によるシラバス作成の義務化
  2. 学生による授業評価の実施
  3. 教員の年次勤務評価制度の施行
  4. FD(ファカルティ・ディベロプメント)の推進
  5. 教員の任期制と7年後のテニヤ(終身雇用保証)審査・取得制度の導入
  6. 学生の成績評価にあたりGPA(Grade Point Average)制度の導入
  7. アカデミックアドバイザー(担任・学業相談員)制度の導入
  8. 教員のオフィスアワーの設定

などを導入している。

2011年3月の日本高等教育評価機構からの認証評価では、「アカデミック・アドバイザー制度」による社会福祉士並びに精神保健福祉士といった国家資格の高い合格率をあげていること、就職目標を明確にし、高い就職率を実現していることが評価された。その一方、大学の最高意思決定機関である「教育研究評議会」が学則に明記されていないことなどを理由に保留の判定を受けたが2014年に行った再評価においては、前回保留となった判定理由が改善されたため、改めて「認定」の評価を受けた。なお、「教育研究評議会」については、位置付けが明確にされ、事務局長、各課長を構成員に加えるなど、管理部門と教学部門の連携のための体制が構築されていることも評価された。

文部科学省科学研究費補助金の平成24年度の採択件数は、新規採択と継続分を合わせて13件、1,352万円(間接経費を含む)となっている。

2014年より、幼保連携型認定こども園に配置される保育教諭(幼稚園教諭免許状と保育士資格の両方の免許・資格を有する)」に関する特例教科目を開設している。