中国語 | 日本語

:03-5937-6929

中国分部官网入口

交通アクセス
貴方の現在の位置: トップページ 主页 > >各種サービス案内 > >各種手続き > >

在留カード登録同行サービス

日本に中長期間滞在する外国人は、日本人と同様に、住民基本台帳法に基づいた住民登録が義務となりました。住民登録とは、市区町村ごとに住民に関する情報を管理するもので、氏名、生年月日、住居地の他にも国民健康保険加入者歴などが登録されます。外国人の住民登録は「在留カード」により管理されます。2012年7月9日以降に日本に入国した方には(再入国は含みません)、空港での入国審査時に「在留カード」が交付されています。

「在留カード」とは、日本に中長期的に滞在する外国人に交付されるカードで、本人の写真の他に、住所、国籍、在留資格、在留期間、資格外活動許可の有無などが記載されるもので、空港での入国審査時に交付されます。「在留カード」は、常時携帯する義務があります。

また、今後は、外国人登録証明書を交付されている人が在留期間の更新や在留資格の変更などをおこなった場合にも、外国人登録証明書への裏書きではなく、「在留カード」が交付されます。現在あなたが持っている外国人登録証明書は、在留期限が来るまで「在留カード」としてみなされますので大切にして、常時携帯してください。制度の詳細については、入国管理局のホームページで確認ができます。